災害が多い国だからこそ地質調査は譲れない

  1. ホーム
  2. 液状化と地盤の改良

液状化と地盤の改良

作業員

大きな地震などが発生した際、問題が表面化するものとして液状化現状がある。沿岸部の埋め立て地域などでは、特に液状化現象が発生しやすい傾向にある。液状化現象が発生してしまうと、その上に建つ建物に致命的な影響を与える可能性が高まる。強固な建物を建てている場合でも、液状化により地盤が崩れてしまうと建物の倒壊につながる。また、倒壊しない場合でも家が傾いてしまうなどそのまま生活することが困難になる。これらに対応する方法としてあるのが、液状化対策である。液状化対策として一般的に行われるのが、地盤改良になる。液状化現象では、地盤に水分が多く含まれており、地震の揺れなどに砂の粒子が深いところで結合しあうことで緩くなってしまうことで発生する。

液状化対策は、地震などの際に建物を守るために最も重要な対策とされている。建物を建てる際には、地盤の状態を調査し、状態が悪い地盤の場合には改良を行うことで強固な状態とされる。これらの液状化対策では、最近では技術の発展によりボーリング調査しなくても比較的簡単に地盤の状態を調査できるようになっている。地盤調査では、ボーリング調査が行われる。ボーリング調査では、棒を地下に入れて地盤の固さなどを調査するものである。これらには大掛かりな機材などが必要になるが、最近では表面からの計測により地盤の状態を簡単に把握できるようになってきている。これらの技術を活用することで簡単に地盤の状態を把握でき、液状化対策に繋げられる。